アディポネクチン増加作用トップ

アディポネクチン増加作用トップ

明日葉は様々な健康的な食品と比較しても、アディポネクチンの増加作用がトップクラスです。例えば緑茶に含むカテキン、玉ねぎのサラサラ成分、コーヒーのクロロゲン酸、ウコンのクルクミン、ショウガのジンゲロール、唐辛子のカプサイシンと比較しても圧倒的な量が分泌します。

 

これらの食品はどれも健康に良いとされているものばかりで、ポリフェノールなども多い食品です。このデータはタカラバイオデータが調査したもので証明されており、この中で分泌量が一番多い玉ねぎよりも多く、明日葉は倍近い量が分泌できるとされています。

 

このアディポネクチンは体内の脂肪細胞から分泌されるもので、直接食品からは摂取できません。しかし、食生活の改善で分泌量を増やすことはできるため、明日葉を積極的に取り入れて増やすことは可能です。

 

内臓脂肪の量が多くなるに従い、アディポネクチンの量も少なくなりやすいため、明日葉のカルコンのように脂肪燃焼作用が期待できる食品が適しているといえます。そのため緑黄色野菜や大豆食品、魚などといった脂肪分が少なくバランスの良い食事が求められます。

 

適度な運動を加えるのも有効となるため、明日葉の青汁を飲むのと同時に運動も心掛けましょう。アディポネクチンは長寿ホルモンともいわれており、分泌量が多ければ多いほど病気もせず長生きすることができます。