アディポネクチンの働き

アディポネクチンの働き

明日葉に含まれるカルコンは、アディポネクチンの分泌を促がす作用があります。つまり明日葉を青汁で飲むことで、アディポネクチンの働きを高めることができるのです。この物質には様々な作用があることがわかっています。

 

・ 血管を修復する
血管を修復することにより、動脈硬化や脳卒中・心筋梗塞などの血管の病気を予防できます。高齢人になるほど血管はもろくなりやすいため、アディポネクチンの分泌を増やすのは効果的だといえます。

 

・ 糖を利用しやすくする
アディポネクチンの量が多いと糖を効率よく利用できます。その結果糖尿病対策に繋がったり、糖が余り脂肪になるのを防ぎ肥満対策にもなります。

 

・ 脂肪を燃焼させる
アディポネクチンは糖の代謝を促進させて脂肪を溜め込まないだけでなく、脂肪を燃焼させる働きもあります。生活習慣病の予防や女性のダイエット対策にもなります。

 

・ 血管を拡張させる
高血圧の人は血流が悪くなっており血管に損傷が起こりやすいといえます。血管を拡張させれば血流が改善され、高血圧予防になります。

 

・ 抗がん作用
アディポネクチンの分泌が多ければがんを防ぐ働きもあることがわかっています。

 

・ ヒアルロン酸を分泌
ヒアルロン酸の分泌を高め美肌効果が得られます。