明日葉特有のカルコン

明日葉特有のカルコン

明日葉の青汁が注目されているのは、明日葉特有成分である「カルコン」が含まれているからです。この成分は様々な研究が行われており、生活習慣病の予防など病気の対策にも使える栄養成分だとされています。

 

カルコンとは明日葉の茎を切ると出てくる黄色い汁に含まれ、ポリフェノールの一種です。血糖値を下げたり、メタボリックシンドローム対策などに繋がるとして注目されています。カルコンには「アディポネクチン」を増やす作用が確認されており、血糖値の低下や脂肪燃焼などを促がすことができます。

 

アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンのことです。エネルギー代謝に関わりを持っており、メタボ解消の効果があるとされています。血管を修復したり、脂肪燃焼を高めたり、血管拡張作用などがあります。そのため肥満を予防し、肥満で起こりやすい生活習慣病対策に繋がります。

 

脂肪細胞から分泌すると聞くと、脂肪を増やせば良いように感じてしまいます。しかし単純に脂肪を増やせば分泌量が増えるわけではなく、肥満になれば逆効果にもなりかねません。アディポネクチンを増やすには痩せすぎも良くありませんし、脂肪が増えすぎても分泌を促がすことはできません。